--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.05

恋しい夢の中の母

Category: 未分類
昨日の夜は、夢に母が出てきてくれた。
ちょいと、ふっくらめの母。
たまーに見るんだよね。

あの、少し散らかった部屋と丸いテーブルも出てきた。
すごい懐かしさを感じたよ。
目が覚めてから、そうだ、奥の棚には父手作りの果実酒があったはずだ。
って思い出した。

母と何故か、煮魚ときんぴらごほうを食べていたんだよね。
なんで、この二つなのかは分からんけど、笑顔で食べていた。

母は片付けは苦手だったけど、料理は抜群だった。
わたしも、その血を引いて産まれてくれば良かったのにさぁ。

キャベツや白菜やきゅうりの漬物はお店に頼まれていた。
母がお店に代わって着けてあげて、品物として売っていたのだ。
子供心に誇らしかったのを覚えている。

普通、夢って朝に目が覚めると忘れてしまうよね。
あれー、ってなるんだけどね。
それが、この母の夢だけははっきりと覚えているから不思議だ。

今、ちょっと心に隙間風がふいている。
それを察して、夢に出てきて励ましてくれたのかなぁ。

不安定になっているからか、親が恋しくなるのだ。
もう、そんな年齢じゃないけど、いくつになっても親は恋しいよ。
自分の連れ合いでは満たしてもらえないものがあるもんね。

母さん、また夢で一緒にご飯を食べようね。
あなたの娘は、どうにか頑張っているから安心して下さい。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。