2015
11.28

理由までは言えなかった

Category: 未分類
今日は診察日。
「火曜日に過呼吸を起こして、大変でした」と告げてきた。
心配して、「今までにもあったか」と聞かれたけど、記憶がないんだよな。

原因は夫の言動とはいえたけど、その内容までは話せなかった。
ちょっと、あり得ないような事で、恥をさらしてはこれんかった。

そこは、先生も心得ていて、深くは追及してこなかった。
「困った旦那だな」の言葉。
3年ほど前の夏にも、先生を驚かせたことがあったんだった。
あの時は、さすがに家を離れる事を薦められたんだった。

今は昔みたいに旅館や入院に逃げられない事は知っている。
「せめて、どちらかの娘さんにでも愚痴るなりして、一人でためこまないように」
って言われたけど、娘たちには余計な心配かけたくない。

夫とは普通に接するように努力している。
けど、また一つ不信感が増えただけ、信頼感が減っただけのように思う。

こんな生活をいつまで続けていけばいいんだろうかね。
生活力をもっていないのって、つらいものだね。

------------------------------------
メンクリ前にミスドでお茶して、美容院にも行ってきた。
気分転換できたように思ったけど、いざ家に帰ったら、出来てなかったよ。

夜中に目が覚めるようになってしまって、昼間がしんどい。
睡眠の狂いは、心にも体にも余計に負担がかかるようだ。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

back-to-top