2015
11.01

寝ろ、寝ろって言うから

Category: 未分類
昼間に2階の布団で寝ること = うつで具合が悪い時。
自分の頭の中で、こういうのが出来上がっている。

昼間に布団で寝るには、いい記憶がないよ。
そして、あの頃に辛かった思いがよみがえってくる。

なんだろうね。
2階で寝ちゃうと、そのまま寝込んでしまうような感覚なんだよね。

だから、この数年間は具合が悪い時でも、2階へは上がらす1階で横になっていた。
本当は具合が悪いんだけど、お昼寝してるんだーって、自分に言い訳出来るもんね。

私のセキが辛そうだからだろう。
「下ではなくて、2階でちゃんと寝ろ。起きてるだけでも体力を使うんだから。
 旅行と孫の預かりの疲れが、今になって出てきてるんじゃないか」
って、何度も2階で寝ろ、寝ろって言うよ。

仕方ないので、布団に入って横になることにした。
そうしたら、午前中に2時間弱、午後にも2時間弱も寝てしもうた。
ちょいと、寝過ぎじゃないですかねぇ。

パソコンを2階でも使えるようにしてくれたので、布団の中で、ちょっとやってた。
今は本も読めないし、2階のテレビは壊れたままなので、何にもすることがないんだもん。

それでも、たっぷり寝たおかげか、体がすごい楽になった。
昨日の夜も、ちゃんとした睡眠がとれてないので、寝不足が続いてたからなぁ。

布団の中で思い出していた。
そう、窓のそばに布団を移動させて、空と話していたんだった。
昼間は一人で相手もいないので、空に相手してもらってたんだったよ。

薬も効いてきたか、寝たのが良かったのか。
少しだけ、セキが楽になってきた気がするよ。

さてはて、今夜は寝られるんでしょうかね。

-------------------------------------------
下で大きな物音がしていたけど、ツレが南側の雨戸と窓を外して洗ってくれていたようだ。
今日は私には余裕がないので、何も手伝ってないので申し訳なかったぞな。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

back-to-top