2015
08.15

もし人間ばかりだったら

Category: 未分類
最近ね、世の中に生き物や植物がいなかったらって考えることがあるよ。

住んでいるところは、ちょいと田舎で緑も豊富で自然が沢山残っている。
不便なんだけど、住めば都だよね。
まわりは畑が多くて、涼しくなるとあちこちで畑仕事の人をみかける。

都内は歩いたことはないんだけど、どうなっているんだろう。
ここに比べると緑は少ないのかなぁ。

うちは高速は中央高速を使うことが多い。
路肩には花木が植えられているし、道幅も広いのでゆったりと走れる。

数年前はある事情で首都高速を走る機会が多かった。
道は狭いし、あたりは高層ビルばかりだよ。
乗っていても落ち着かないし、何となく気ぜわしく感じた。
運転好きのツレも、首都高速は苦手みたいだよ。

首都高を走っていると、自分には都内に住むのは無理だなぁって毎回思う。
子供時代から田舎っぽい処で暮らしているので、都会暮らしはダメだろうなぁ。
何度か新宿に行く機会があったけど、どの方も歩くのが早いし着いていけんかったよ。

友達はもっと年をとったら、都会暮らしをしたいと言っていた。
たしかに便利になると思うけど、不便さもなれてしまえばね。

もし、生き物がいなかったらって考えるよ。

身近なところでは、犬、猫、小鳥、金魚だろうかね。
たまに、動物園や水族館に行くと、心がなごんだりするよね。

こうした生き物がいなくて、人間だけだったら、殺伐として、ギスギスするように思う。
生き物が人間関係や心の潤滑剤になってくれている気がする。

去年、生垣の剪定をしたら、カマキリの卵を発見した。
他の木のところに枝ごと、かくしておいたよ。
今年、3匹ほど赤ちゃんカマキリをみかけたけど、あの卵からかえったのかしら。

数日前、花壇を耕していたら、カブトムシの幼虫が二つ出てきた。
どうしようって迷いながら、穴を掘って埋めといたけど、無事にカブトムシになるといいね。

虫は昔から苦手だったけど、年を重ねるうちに、苦手意識がうすれてきた。
カマキリなんて、じーっと動きを見ていると面白いよ。
これは、虫には友好的なツレの影響かもしれん。

生き物さん、ありがとう。花さん、ありがとう。樹木さん、ありがとう。
あなたたちのおかげで、生活と気持ちが潤えるのかもしれないよ。

人間に救われることもあるけど、人間には得体の知れないこわさも感じる。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

back-to-top