2015
05.12

一日、預かりデーとなって

Category: 未分類
昨日のゆうがた、次女から電話があった。
怪獣さんが熱を出して、アデノウィルスということだ。
熱を出すのは、これが2回目だ。

保育園を休ませるようだけど、今日は仕事を休ませてもらえないそうだ。
ちょうど、職員検診の時期なので大忙しなんだよね。
毎年、この時期は大変そうだもん。

それで、我が家で怪獣さんを預かることになった。
早朝から夕方までなので、長時間なので大丈夫かなって思っていた。

朝7時半に来て、午前中は元気に遊んで(いたずら)していた。
が、お昼を食べ、お昼寝から目が覚めたら、なんだか大人しいよ。
夕方4時頃からは、また遊び始めたので安心した。

「抱っこしてください」ポーズを連発してくる。
今日はじじでは駄目みたいで、ばばにピタッとくっついて離れないよ。
少し前までは、じじにべったりだったのにね。

夕方5時頃にママが帰ってきた時の喜びようが、すごい。
なんとも言えない笑顔をする。パパとママが一番なんだよね。
こんなに猛スピードでハイハイ出来るんだって、びっくりしたよ。

一日中、怪獣さんを見ていたら疲れてしまっただよ。
きっとね、明日は腕が筋肉痛になるんじゃないかね。
なにしろ、重いからねぇ。

大きな口をあけて、バクバク食べる姿を見ていると、たくましさを感じる。
最初の頃、離乳食は食べるものではなくて、ブーって吹き出すものと勘違いしてたもんね。
その時の、アハハって笑えるような決定的瞬間の写真があるよ。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

back-to-top