--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
04.07

友達と老後の話

Category: 未分類
お昼前に、ピンポーンって、チャイムが鳴った。

「また、今日もだれか来たみたい。チャイムが多いよね、最近」
「どうせ、また勧誘かセールスだろう」

今日のチャイムの人は、ツレの友達だった。
時々、「おーい、元気でいるかー」って尋ねてきてくれる。
この数か月は会っていないので、久しぶりだ。

独り身で親の面倒を見ていて、頑張っている。
料理なんてやったことない人が、ちゃんと食べさせてあげてるよ。

お母さんはホームに入居、お父さんはデイサービスに通い始めたようだ。
やっと、自分の自由になる時間が持てて、だいぶ気が楽になったそうだ。

色々と話しているうちに、自分たちの老後の話題になった。
彼の話を聞いていると、参考になる事がたくさんある。
彼も独り身でストレスもあるんだろう、良くしゃべっていく。

帰っていったあと。
ツレと二人で、今よりも年取った時はどうするべきかって考えた。
そんなに遠くはない将来のことなんだと思う。

娘は二人いるけど、どちらとも同居っていうのは考えられない。
私が実父と同居して、苦労して、ノイローゼになった事があるから余計かな。
自分が味わった、あの思いを娘達にさせたくない。
けど、何かあれば、迷惑かけたり、世話を頼むしかないんだろうかね。

ツレと私、どちらが先に逝って、どちらが後に残るのがいいのか。
なんてことにも、色々と思いをめぐらした。
親二人を考えると、ツレの親は90過ぎて、義母は生きてくれている。
私の両親は、二人とも60代で亡くなっているので、そんな事から、先に逝くのは私かな。

私の友達数人で会っても、話は老後の事になる。
みんな、他人事ではないし、必ず来るものだからね。

この先の未来、明るくなるのかね、暗くなるのかね。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。