--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.10

先生のグッドサイン

Category: 未分類
メンクリの日で、時間は合わないけどバスで行ってきた。

先月は調子を崩し、希死念慮に悩まされたことなどを話してきた。
冬は日照時間も短いし、体調を崩す人が多いようだ。
生活していくうえで日差しって大事なんだね。

考え方がだいぶ前向きになってきたことなどを報告。
色々と話しているうちに、先生が親指でグッドサインをされた。
10数年通っている中ではじめてだな。
そう、それなんだよって言ってらした。

先生が良く言っていた、時期を待つという意味も分かってきたこと。
ツレが良く言う、なるようにしかならないんだからの意味も分かってきたこと。
この病気には時間が必要なんだということも分かってきたこと。
焦っても仕方がないこと。
この数年で、やっと色々な意味での気づきが出来てきたこと。
ちょっと、長い診察時間になった。

「うつ病が治った」「これで、うつが治った」などの本は信じ込まないほうがいいって言ってた。
そういえば、うつの当初は本を買って読んだけど、今はその本はどこへやらだ。
本を読んでも、その通りにならないと余計に落ち込んでしまう時があった。
情報過多にはならないほうが、結果的にもいいんだろうな。
人それぞれで回復の仕方も違うもんね。

うつ病はいまだに科学的に解明されていないそうだ。
聞いていて、なるほどなぁって思うことが多い。
やっぱり、摩訶不思議な病だよね。

たくさん話をしてきて、たくさん話をしてもらって、気分がすっきりした。
長年疑問に思っていたことも理解できたかな。

先生のあのグッドサインと笑顔が頭に残っている。
安心してくれたのかもしれないね。
けど、油断して無理しちゃいけないとも付け加えられたよ。

----------------------------------
家を出て帰ってきたのが3時間後だ。
帰りのバスが目の前で行ってしまい、40分の待ち時間。2分の差だったな。
それで、一人ランチしてきただよ。
まぁ、ツレに頼んで気を遣うよりもバスで行けるならそのほうがいいや。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。