--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
12.27

今日はなんて日だ

Category: 未分類
朝から洗濯機を何回も回したり、掃除したり動き回っていた。
じゃないと、昔の嫌な思い出が頭から離れてくれないからだ。
じっとしていると思い出してしまうので、何かしているといいのだ。

昨日の夜、義父が夢の中に出てきた。
献体が終わって、つい先日迎えに行ったばかりだからだろう。

「あのな、○○、ここは一歩ゆずって、お前から歩み寄りなさい。
 それが出来たら、また一つ大人になれるんだぞ」
って、義父から実際に言われた言葉で、その場面が夢に出てきた。

私にはどうしても忘れられずにいる言葉がいくつかある。
たしか、いつだったかも思い出し、ブログに書いたように記憶している。

兄から思いがけない、信じられないような言葉を言われた。
もう20年以上も前のことなのに、心のどこかで引きずっている。
その言葉で心が折れたし、傷ついちゃったんだよね。

両親が生きている間はどうにか付き合いがあった。
けど、亡くなってからは完全な絶縁状態になっている。
自分から連絡を取りたいなんて思わないし、付き合いたいとも思わない。

それを義父が心配して、私に声をかけてくれていた。
「亡くなったご両親の事を語れるのは、お前の兄さんだけだろう」ってね。
時に触れて、何度か説得されたけど、私には許すことが出来なかった。
きっと、私って心が狭い人間なんだろうなって思う。

ここしばらくは思い出さなかったのが、今日は言われた場面までよみがえってきた。
きっと言った本人の兄はすっかり忘れていると思う。
いつまでも引きずっている私が馬鹿でおろかなんだろう。

----------------------------------
おまけに、ツレとはちょっとした言い争いみたいになり、余計に気分が滅入っている。
この男、口数は少ないくせに批判や皮肉の言葉はいうんだよね。
時々、認められていないんだろうなあって、強く思う時がある。

うつがだいぶ回復してきてから、自分なりに家事も料理も頑張ってきている。
今まで出来ずに迷惑をかけてきたので、それを取り戻すためにもね。
それを一度なりとも認めてもらったことはない。
この男には「ありがとう」「ごめん」「おいしいね」などの言葉はないんだろうかね。

「そんなに私の事が気に食わないなら、家から追い出せばいいでしょう」
って、大声を出したかったのを、ぐっとこらえた。
明日は娘二人が孫を連れて遊びに来てくれる日だ。
元気でニコニコのおばあちゃんでいたいし、去年の夏みたいに巻き込みたくないからだ。
家の中の雰囲気を険悪なものにして、みんなが居心地悪いようにしたくない。

-----------------------------------
それにしても、今日はなんて日だ。
眠れなかったし、ツレの言葉も心に刺さったし、嫌な日だよ。

お酒がのめれば、やけ酒も出来るのに。
車があれば、気晴らしの一人ドライブが出来るのに。
うわー、イライラするし、気分も重くて、どうしようか。

またね、あの4文字が浮かんできたりしている。
あと何年、生きていかなくちゃいけないんだと思うと滅入ってくる。
頓服をのんで、ちょっとでも寝られれば違ってくるだろうか。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。