2014
09.05

山の遊歩道を歩いてくる

Category: 未分類
明日から雨降りみたいだよ。

歩いてみたい遊歩道があるのだけど、一人では行く勇気がないでいた。
涼しくなったら、一緒に行ってねと約束していた

「ねぇ、あの遊歩道を歩きに行こうよ」
「えっ、今からか。暑そうだから嫌だよ」
「真夏じゃないんだから大丈夫だよ。少しは歩きな」
「しゃあねえなぁ、じゃ出かけるか」

歩いてみたいのもあったが、ツレを歩かせたかったのもある。
この人、最近家に引きこもるばかりで運動不足もいいところだよ。
スーパーでも車の中でじっと待っているので歩くことがない。
足が弱ってくるのではないかと心配なのだ。

遊歩道はしばらくは舗装されていて快適な道だった。
段々と山道に入っていき、結構ののぼりくだりが続く。
所々に看板があるので、それを確認しながら足を進める。

すれ違う人と「こんにちは」と元気にあいさつ。
山って、この挨拶がすごい好きだ。気持ちがいいよね。

一人で歩いている男性とかなりすれ違った。
わたしゃ、一人じゃ、よう来られんよ。

途中に、毒なのか、キノコを沢山見かけた。
それと、トカゲさんともかなり遭遇して、そのたびに「キャ、トカゲ!」だよ。

汗をふきふき歩くこと、1万歩を超えて、7キロを超えた。
旅行の計画があるなら、少し体力をつけないといかんよ。

だいぶのぼってきました。眺めが良かったです
IMG_0175-140905.jpg

こうした階段が多くて、足の短い私は大変。
上りはいいけど、下りは、ツレみたいにトントンといけず、ピョコタンピョコタンと一段ずつ。
足が短いのって、ふべーん。
「母ちゃん、足が短くてお気の毒」 ふん、ほっとけ!
IMG_0176-140905.jpg

平坦なところは歩きやすいですわ
IMG_0178-140905.jpg

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

back-to-top