--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.30

親と子供

Category: 未分類
昨日の次女の歯医者さんの時に、洋服でも見ながらブラブラしてくるように薦めた。
毎日、毎日、子供と一緒の生活はストレスもたまるもんね。

「この服は授乳出来ないから却下だな
 結局はベビー用品売り場に足が向いたよ。自分の服は買いたいって思わなかった」って。
アハハ、この子も私と同じだなぁって思った。

家庭を持ち、子供が出来ると、一番は子供のもの、次は旦那のもの、最後に自分のものになるんだよね。
あれほどのお洒落な次女もそうなるんだなってさ。
今は怪獣さんを育てることに一生懸命で、自分は後回しなんだよね。

孫二人は将来、どんな子供に育つのか分からないけど、
自分の両親に「ありがとう」が言える子になって欲しいと思うよ。
私、娘二人から「育ててもらってありがとう」をもらい救われたもんね。

そういえば、赤ちゃんでも味の違いが分かるんだね。
チョコとポテチを食べた日の母乳は嫌がるので、今は我慢中らしい。

昨日のミルクの時は眉間にしわを寄せて
「うぇ、これはいつものと味が違うぞ。アタシに何を飲ませる気だい、ババは」
っていうような顔をして、なかなか飲まなかったぞ。

長女は薬を飲んでいたから母乳を与える事は出来なかった。
GWに来た時に「私も母乳で育てたかったな」って、しみじみと言っていた。
その気持ち、良く分かる。

娘二人がそれぞれに親として懸命なのがいとおしいね。
と、同時に私の親としての勤めも終わるんだろうな。

孫達の将来を思うたびに、自分達の先は細くなっていくのかもだ。

「生」と出会ったことで「死」を身近に感じるようになったのだ。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。