2014
05.02

孫を預かって

Category: 未分類
今日は次女の1ヶ月検診なので、孫を預かった。
順調に回復しているということで安心した。

オムツで泣き、眠いと泣き、お腹がすいたと泣き。
何だか、家にいる間中泣いていたぞ。
本日は機嫌の悪い日なり。

「早くしろって、すごい剣幕で怒ってるぞ。顔が真っ赤だ」
そうなんだよね、何しろ待ったなしの人だからね。
ミルクを作り冷ましている間中、涙いっぱいで泣きつづけている。
まぁ、益々声がでかくなったよ。

「お母さんが母乳だけでなく、哺乳瓶でのミルクも慣らしておくようにの意味が分かったよ。
 こうして、預かってもらえるもんね」
「そうだよ、これからは果汁を飲んだりするにも哺乳瓶は必要になるからね」
これは私の経験からきたものだ。

ずっしりと重くなったし、足も手もムチムチ。
頭がでかくなったと思ったのは、ホッペが膨らんで顔が台形に見えるからみたいだ。
どのぐらい体重が増えているんだろう。

家に帰ってからの夕飯は無理だと思うので、昼頃から4人分の夕飯作りをした。
妊娠報告を受けてから、ちょくちょく作っては仕事帰りに持たせていた。
私のギブスの時は、ツレが頑張ってくれたよ。

こうして、今回は出産前から買い物なども色々と手伝いが出来ている。
長女の時には味わえなかったものを味わわせてもらっている。
でもね、私がうつでなければ、長女の時にもしてやれたのにと悔しさが出てきている。
長女よ、何にもしてやれなくて、ごめんよ、だよ。

朝から買い物やら気ぜわしく動き回っていたので、ちと今はお疲れモードだ。
それでも、数年前に比べたら体力的なものはかなり復活している。
うつの回復とともに、体力も戻ってくるものなのかね。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

back-to-top