--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.06

時期を待つ

Category: 未分類
昨日の夕飯は天ぷらにした。
この私に、また揚げ物が出来るようになんて驚きだ。

揚げながら、色々と昔を思い出していた。

うつになって、出来ない事が増えてきて、すごい不安だった。
こんな事が出来ない? うそでしょうって。

「諦めずに、その時期を待つ事が大事なんだよ。特にうつではね」という、先生の言葉。

えっ、待つって何を?
そんな、のんびりした事はしてられないよ。
疑問を持ちながら、言葉に従って、時期を待ったよ。

ある時も「焦っても辛くなるだけ。信じて待ってごらん」
とも、早く早くと焦りまくっていた私を諭してくれた。

1年、2年、3年、4年、・・・。
先生の言う時期が来たようで、段々と出来る事が増えてきた。
一人で外に出る事、家事、車の運転、料理などだ。

そうすると、希望と自信が出てきたのか、回復していくのが自分でもわかるようになった。
これが、待つことの大切さなんだと思った。

時期を待つということ。
簡単そうだけど、実は難しいよ。
どうしても、その途中で焦る気持ちが出てきてしまうんだよね。

それと、本当の私はこんなではないはず、もっと元気だったはず。
という、以前の自分とのギャップにも焦ってしまう。

私、うつになってから気が長くなったように感じる。
途中で、焦っても無理なんだというのを痛感したんだろうね。

時間薬が必要なんだと思う。

今でも、時々はずっこけたり、頓服のお世話になったりする。
けど、しゃーないよね。

今もその時期が来るのを待っている事があるよ。
それは、本が読めるようになること。
2年ほど前か、突然読めるようになった事があるから、諦めずに待ちますかね。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。