--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.19

親のしつけ

Category: 未分類
大正生まれの亡くなった母は古風な考え方の人だ。
両親ともしつけには厳しかったな。

私が20歳頃から、女は一歩引き下がって、男を立ててあげなさいと
いつも言われて、そうしつけられてきた。
世間に疎い私はそんなものかと思い込んでいた。

でもね、これが良かったのか悪かったのか分からない時があるよ。

母のしつけを守って、あまり逆らうこともせずにずっと立ててきたよ。
それが、いつのまにか身についてしまっていた。

それが常習化してくると、相手はこいつはいつかは引き下がって、
いいなりになると思ってしまうらしいよ。
何回かの恋愛で経験してきている。

一度、身についたものは、なかなかほどくことが出来ない。

夫の結婚生活でも、我慢して黙ってついていく。
こんなルールが、いつのまにか夫婦の間に成立してしまった。

何故、これからはお母さんとは時代が違ってくる。
女でも自分の意見や考えははっきりと伝えるようにしなさい
って、しつけてくれなかったんだろう。

母よ、私は貴方がうらめしいよ。

子供時代のしつけで大きく変わるし、影響力が大きいと思う。

果たして、私は娘二人にどんなしつけをしてきただろうか。

長女は婿さんと喧嘩するが、良く話し合いをしているのを目にしている。
会話の多い娘夫婦がうらやましくなる時がある。
とことん話し合うことで解決しているんだよね。

次女は相手の人とどうしているのかな。
良く話はするよって言っていたから、意見は言えているのかな。

私達夫婦は、夫が無口過ぎて話し合いにはならない。
これが、いけないんだろうな。
そして、自然と私のほうが折れていくのが多い。

重苦しい空気が相変わらず流れ、ほとんど会話はない。
仕方なく、頼んで買い物とお墓参りには連れていってもらった。
夫婦喧嘩とお墓参りは別物だ。
手を合わせながら、両親に愚痴ってきた。

昨日の夜、2階に寝に上がったら月明かりで部屋が明るい。
とても綺麗なお月様だった。
ベランダに出て、ボーッってお月様を眺めていたよ。
「元気をだしな」って、言ってくれてるように思えた。
そしたら、悔しさと惨めさでか涙が出てきたよ。

久しぶりに泣くことが出来て、少し心が浄化出来ただろうか。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。