--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.08

夫の誕生日

Category: 未分類
今日は、夫の誕生日だ。

これと言ったことは出来ないけど、おめでとうの言葉は伝えたい。
ケーキと思ったけどやめといた。
ケーキは太るもんね。夫を巻き添えにして我慢だ。

今、思うことは健康で過ごせていければということだ。
夫は元気で健康な人だ。
私はうつ病は治ってないけど、普通に生活出来るまでに回復してきている。

娘二人にも心配をかけないように元気でやっていかなくちゃだよ。
娘達とはたまにしか連絡をとらないけど、安心している証拠だもんね。

人間、いつかは死ぬよね。
何歳まで生きていけるのかは分からない。

昔は男の人が後に残るのは気の毒なように思っていた。
自分の親は、母が先に亡くなり父が後に残った。
あぶなげで一人ではしておけなくて同居をはじめた。

でも、私が夫と父親、子供と父親の板ばさみになりノイローゼみたいになってしまった。
子供も1歳と4歳と手のかかる年代だったしね。
色々な方に相談して、2年程で同居は解消した。
あの当時、本当に二進も三進もいかない事があって辛かった。

こんな事があったからら、夫を後に残したくないと考えだった。
けど、今では考えが違ってきた。

夫よりも一日でも先に逝きたいと思うようになってきた。
後に残されて一人でやっていけるのか自信がないのだ。

私よりも夫のほうが強くてしっかりしている。
きっと、私がいなくなっても一人でどうにかやっていけると思うんだよね。
私が残ったんじゃ、足元があぶなっかしい。

一年、一年と年を重ねていく毎に、死について考えるようになった。
以前はまるでこんなことはなかったのにね。
これが年をとるということなのかな。

まぁ、今を一生懸命に生きていくことが大事なんだよね。

来年の誕生日にも、夫と一緒に「おめでとう」が言えればいいよ。

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。