--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
05.22

年をとるって

Category: 未分類
昼過ぎから、夫の実家に行ってきた。

おじいちゃんは、寒い寒いと言いながら毛布にくるまっていた。
私達は暑く感じだのだけど、体温調整がうまく出来ないのかな。
時折、話がかみ合わない時があるが、頭はしっかりしているほうだ。
最近はベットで寝ていることが多くなった。

「○(私の名前)、病気のほうは大丈夫か」
「ありがとう。最近は落ち着いているから安心して下さいね」
「そうか。それは良かったわい」

と、いつも私のことを気遣ってくれる。
自分のことで精一杯のはずなのにな。
「治りましたよ」の言葉を伝えられえる日が来るといいのだけど。

おばあちゃんは、いつもの椅子でうたた寝してた。
背中も丸くなって、小さくなったな。
アルツハイマーなので、私達のことは分からない。

「元気にしてるかい」
「はー、誰がじゃい」

あの手作り料理をふるまってくれていた姿は今はない。
良く作ってくれた、五目寿司は美味しかったなあ。
一味も、二味も違うんだよね。

お土産のお菓子を、二人とも喜んで食べてくれた。
食欲があることがうれしかった。
90歳を過ぎても美味しく食べられるのは素敵なことだよね。
---------------------------
家をあとにして、車に乗ってから考えた。

年をとるって、何だろうね。
目の前に迫ってきている、自分達の先のことを思い浮かべる。

年をとって長生きするのって、切なさを伴うもののようだ。

※写真ファイルの中から
IMG_2603-0522.jpg

IMG_4935-0522.jpg

ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。