2009
08.23

薬は長く続くものだそうだ

Category: 未分類
昨日は2週間ぶりの診察日。
すいていてくれて待合時間が短くて済んだ。

「薬を減らしてからどうかな」
「変化がなくて過ごせています。調子がいいんです」
「そうか。それは良かったね」
「薬というのはまだまだ飲み続けるものですか」
「うん。安心と安全のために続くんだよ」
「それじゃ、薬が完全に無くなるのは、かなり先ですね」
「そういえば、もう7年以上になるんだね。焦らずに欲張らずにだよ」

そうかあ。
減薬じゃなくて、断薬を夢見ようとしたけど先は長そうだな。
かなり良くなってきても飲み続けるようなんだな。

ちょっと、がっかりしちゃったかな。
それでも、薬が無くて調子が崩れるよりは飲んでいたほうがいい。

薬で思い出した。
もう随分と頓服のお世話になっていない。
「コントミン」君、せめて君の顔だけは見たくないよ。


ランキングに参加しています。
  ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ


back-to-top